高木謙治|キャリア採用|アチーブメント株式会社

社員インタビュー

個人では成し遂げられないことをここで実現したい

2009年入社/東京第三支社 マネジャー/新卒採用コンサルタント 高木謙治

新卒採用コンサルタント、また研修トレーナーとして、中小企業の組織変革を数多く担当、年間稼働日数は215日を超えている。講師として今まで延べ15,000名以上の学生や若手社員の育成に携わり、その達成に対する異常なまでのこだわりから来る情熱のメッセージが、受講生の成長や達成を創り出す勇気や原動力となっている。

個人で実現できないことを成し遂げるために組織がある

「当たり前のことを特別熱心に言う人だな。」
中途採用説明会で青木社長から「目標は達成して当たり前なんです」というメッセージを聴いた時に、率直に思ったことでした。なぜ、そのように思ったかと言うと、僕自身、求人広告の会社で営業マンとして働いていた時に、約1,300名中、ずっとトップであり続けた経験があったからですね。また、その後は、組織に属さずに単独で新卒採用コンサルティング事業を立ち上げて、個人で十分な成果も出していました。

当時は社会人リーグでアメリカンフットボールもやっていて、2日に1度、3時間のトレーニングを欠かさずにやりながら、それ以外は全て仕事だったので、正直ゆっくり休んだ記憶なんてありませんでしたね。そんな生活を続けていた時に、お客様からアチーブメントや青木社長のことを聞いて興味を持ち、説明会に行ったんです。徐々に話を聞いていくうちに、「達成することが、大きな目的・志の実現につながっているんだ」、「個人で実現できないことを成し遂げるために組織がある」というメッセージにとても共感したことを覚えています。

その後、数回アチーブメントに足を運んでいたある日、青木社長と面会し、最後に「じゃあ宜しく」
って真っ直ぐ目を見て手を差し出された時には、もう自分もその手を握るしかなかったですね。

個人で実現できないことを成し遂げるために組織がある
社会に与える影響は一人でやるよりもはるかに大きい

入社してみて、前職と同じように新卒採用コンサルティングに関わる中で感じていることは、やっぱり社会に与える影響は一人でやるよりもはるかに大きいということです。自分のメンバーと共に、より多くのお客様に貢献できるようになって、今まで以上にたくさんの感動を創り出すことができています。

ずっと新卒採用に反対だったお客様が、選考中、真剣に取り組む学生の姿を見て、「こんな学生がいるとは思わなかった。これからは入社してくる子たちのために、もっと良い会社にしていこう」と心を動かされていらっしゃいましたし、「新卒採用を通じて社員へ理念を浸透することができ、会社の成長につながった」と喜んでくださるお客様もいます。

社会に与える影響は一人でやるよりもはるかに大きい
世界最高峰の人材教育コンサルティング会社を創る

組織の持つストーリーはそれぞれですが、どんな組織も良くなることができると確信しています。今は、アチーブメントのトリプルウィンの概念、つまり、社員一人ひとりの幸せと、お客様の成果と、社会への貢献をすべて創り出すという考え方を土台にしながら、世界最高峰の人材教育コンサルティング会社を創るという目的のために、自分が達成するということの方が、一人でやるよりも難易度も高いですし、はるかにロマンを感じていますね。

世界最高峰の人材教育コンサルティング会社
を創る